ホールダウン金物について  短期引張耐力  施工手順
スタンドコーナー ボス(SC-BOSS)
スタンドコーナー ボス

基礎に優しいあと施工ホールダウン金物です

  • 地震で柱に引抜力がかかった時、基礎への負荷を分散します。
  • ホールダウンアンカー取付位置が柱面から60㎜なので、電動ドリルで施工が出来ます。
  • 掘削の径がM12と細いので基礎へかかる負担や鉄筋との干渉を軽減します。
あと施工アンカーとはコンクリートに埋め込まれるアンカーボルト(アンカー)のうち、コンクリートが固まってから既存の基礎などにドリルで孔を穿ち、あとから接着剤を使用してアンカーボルトを打ち込むタイプの金物です。
あと施工アンカー(SC-BOSS、HD-DUO、ROOT-A)を施工する際は、あと施工アンカー登録が必要となります。

 あと施工アンカー登録詳細
あと施工アンカー登録
ガーディアン耐震改修工法
特許
ホールダウン金物について
 2000年6月にホールダウン金物による柱の引抜け補強が法律により定められました。耐震補強で追加した耐震壁によって柱に発生する引抜力を適切に補強することが重要になり、この引抜力がより大きな場合、ビスだけで施工する補強金物だけでは適切な補強にならない事もあります。
 あと施工ホールダウン金物は、ビス施工の金物にはない大きな耐力で地震に対する安全性を高めます。室内からの施工が可能な基礎直結型の補強金物です。
1.地震で柱に引抜力がかかると基礎への負荷を分散します
 従来のホールダウン金物の場合、基礎へかかる負荷が1ヶ所に集中してしまい、基礎が破壊される恐れがあります。スタンドコーナーボスなら土台をビスで緊結することで新たな力の流れが生まれ、アンカーボルトから基礎コンクリートに伝わる負担を少なくします。
1.地震で柱に引抜力がかかると基礎への負荷を分散します
2.ホールダウンアンカーの位置の改善、施工しやすくなりました
 従来のホールダウン金物の場合、土台に穴を開ける際に柱からの離れが狭いため柱に電動ドリルが当たり垂直施工が困難でした。スタンドコーナーボスなら柱面からアンカーまでの距離が60㎜なので、電動ドリルでの垂直施工ができます。
2.ホールダウンアンカーの位置の改善、施工しやすくなりました
3.土台に空ける径が小さく、掘削時に基礎等への負荷が軽減しました
 従来のホールダウンアンカーの場合、土台に空ける径がφ19あり、基礎が割れやすいことがありました。スタンドコーナーボスの施工では、ドリルの刃径をφ14.5に縮小、さらに埋め込み深さが浅いので、穿孔時に基礎へかかる負荷や鉄筋との干渉を軽減させます。
3.施工時、土台を掘削する刃径を小さくし基礎等への負荷を軽減しました
短期引張耐力
SC-BOSS
告示
商品名スタンドコーナーボス
記号SC-BOSS
商品コード1809
短期引張耐力20kN
SC-BOSS+ROOT-A
告示
商品名スタンドコーナーボス
+ルーツアンカー
記号SC-BOSS+ROOT-A
商品コード1810
短期引張耐力25kN
SC-BOSS/2
告示
商品名スタンドコーナーボス/2
記号SC-BOSS/2
商品コード1811
短期引張耐力30kN

SC-BOSS/2+ROOT-A/2
告示
商品名スタンドコーナーボス/2
+ルーツアンカー/2
記号SC-BOSS/2+ROOT-A/2
商品コード1812
短期引張耐力35kN
施工手順
施工手順1

手順1

柱面から60㎜の位置に、木工ドリルでφ18の孔をあけます。

施工手順2

手順2

基礎にコンクリートドリルでφ14.5の孔をあけます。(深さ240㎜)その後孔内を清掃します。

施工手順3

手順3

RA-CC(ケミカルカプセル)をコンクリート孔に落とし込みROOT-A(RA-380)を打ち込みます。電動ドリル等に装着し回転させRA-CC(ケミカルカプセル)を破砕します。

施工手順4

手順4

横架材側にHL-H75(六角ビス75(緑))5本で取り付けます。


施工手順5

手順5

柱側にHL-H75(六角ビス75(緑))10本で取り付けます。

施工手順6

手順6

SC-W、SC-Nを本締めします。

お問い合わせ
製品に関する資料請求・お問い合わせなどはこちらから
電話番号:048-999-1555(平日9:00から18:00)
FAX番号:048-999-1533
担当:遠藤・関口

↑TOP