シールドプレート エース200の特長  短期引張耐力  施工手順
シールドプレート エース200(SP-ACE200)
シールドプレート エース200

シンプルな施工で強固に結合します

  • 土台と1階の柱脚や1・2階間の柱頭柱脚を強固に結合します。
  • 梁同士が段違いになっている場所にも補強が可能です。
  • 軸組内で金物を納めるのが難しい場合にも使用可能です。
ガーディアン耐震改修工法
シールドプレート エース200の特長
梁同士が腰掛けている場所に補強が可能です
 耐震壁等の補強工事の際、補強対象になっている梁が段違いになっている場合、SP-ACE200を使用して梁と梁のつなぎ目を補強する事をおすすめしています。
 図のように梁と梁が腰掛けている場所にSP-ACE200を取り付けます。SP-ACE200で補強することで、梁同士が引っ張られる場合でも10kNで抵抗できます。 梁同士が腰掛けている場所に補強が可能です
障害物等で柱頭柱脚接合部金物の取り付けが厳しい場合でも可能です
 建築物の突起物や筋かいで柱頭柱脚接合金物の取り付けが難しい場合でも、SP-ACE200なら接合金物として補強が可能です。
 また、SP-ACE200は、上下・左右対称の形なので、方向を選ばず取り付けることができます。
※SP-ACE200を取り付けると、厚さ7.3㎜になります。 障害物等で柱頭柱脚接合部金物の取り付けが厳しい場合でも可能です
短期引張耐力
SP-ACE200

告示
商品名 シールドプレートエース200
記号SP-ACE200
商品コード1851
短期引張耐力10kN
SP-ACE200

告示
商品名 シールドプレートエース200
記号SP-ACE200
商品コード1851
短期引張耐力10kN
施工手順
梁同士が段違いの場所の補強

 耐震壁等の補強工事の際、補強対象になっている梁が段違いになっている場合、SP-ACE200を使用して梁と梁のつなぎ目を補強する事をおすすめしています。

施工手順1

手順1

横架材同士の継手の中央にSP-ACE200の中心を合わせます。

施工手順2

手順2

HL-H75(六角ビス75(緑))8本で取り付けます。

梁と柱の接合金物として

 建築物の突起物や筋かいで柱頭柱脚接合金物の取り付けが難しい場合でも、SP-ACE200なら接合金物として補強が可能です。また、SP-ACE200は、上下・左右対称の形なので、方向を選ばず取り付けることができます。

施工手順1

手順1

柱と横架材の継手の中央にSP-ACE200の中心を合わせます。

施工手順2

手順2

HL-H75(六角ビス75(緑))8本で取り付けます。

お問い合わせ
製品に関する資料請求・お問い合わせなどはこちらから
電話番号:048-999-1555(平日9:00から18:00)
FAX番号:048-999-1533
担当:遠藤・関口

↑TOP