制振 制震 リフォーム 改修 ガーディアン・クール
特長1 繰り返しの地震に強くコストパフォーマンスに優れた高性能制振壁
高耐力の鋼製ダンパーを壁中央に使用することで、高い耐震性を実現する「ガーディアン・クール」。地震の揺れを、鋼製ダンパーの柔軟なゆがみと、地震エネルギーの熱変換という2つの方法で強力に吸収します。また、繰り返しの地震にも強く、度重なる余震が起きたとしても壊れることなく制振性を維持。建物への負担を最小限に抑えることができ、一般的な耐震住宅に比べ、地震後の補修コストも大幅に軽減できます。
地震の揺れを強力に吸収 高耐力 制振 制震 リフォーム 改修
特長2 第三者機関による技術評価取得
ガーディアン・クールは耐震診断法の設計値として壁基準耐力9.0kN/mを一般財団法人日本建築防災協会の「住宅等防災技術評価」で取得しています。これは一般的な耐震補強壁である構造用合板壁の壁基準耐力5.2kN/mと比べると約1.7倍の設計値を有していることになります。また、構造用合板壁は一度の大地震の揺れで壊れてしまうのに対して、ガーディアン・クールはこの高い設計値を保持したまま繰り返し揺れに抵抗する事ができます。
繰り返しの揺れでも壊れない 鋼製ダンパー 高耐力 制振 制震
特長3 床・天井を壊さないから低コスト&短工事
ガーディアン・クールは、床と天井を壊さないので引っ越し等の手間もなく、住みながらの施工を実現。工期短縮・低負担で補強ができます。
ガーディアン・クール 引っ越し不要 制振 制震 リフォーム

東京工業大学と共同研究開発・研究開発助成事業採択

ガーディアン・クールは、耐震・制振工学の権威、東京工業大学建築物理研究センターの笠井和彦教授、坂田弘安教授との共同研究開発により生み出された製品です。
また、ガーディアン・クールは東京都産業労働局の平成20年度社会的課題解決型研究開発助成事業に採択されました。
笠井教授は、建築学会賞や米国大統領賞(※)の受賞経歴を持ち、日本地震工学会の理事も務めていました。

(※)米国大統領賞:米国大統領、ホワイトハウス、米国科学財団(National Science Foundation)が工学、理学、情報科学、社会科学分野等の研究領域において顕著な業績を示した若手の米国大学研究者を対象に授ける賞。
笠井教授 東京工業大学
笠井和彦教授
ガーディアン・クールC2の評価

東京都産業労働局

平成20年度社会的課題解決型研究開発助成事業 採択
お問い合わせ
ガーディアン・クールは工務店様に正しい設計・施工をお願いする為に、直接注文により販売させて頂いております。資料請求・お問い合わせなどはこちらから
電話番号:048-999-1555(平日9:00から18:00)
FAX番号:048-999-1533
担当:遠藤・関口
なお、弊社内規によりお取引が出来かねる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

↑TOP