よくある質問
一般的な質問
「耐震」は、建物の骨組みなどを強化し地震の揺れに耐えられるようにした構造。
「制振」は、建物内に設置した制振装置が地震の揺れを吸収し建物の揺れを抑える構造。
「免震」は、建物と地面の間に免震装置を設置し、地震の揺れを直接伝えない構造。
耐震と制振と免震
 参考ページ  「耐震・制振・免震の違い」
「震度」はその場所の揺れの大きさを表します。地震の揺れや人の感じ方、まわりの物の動きや被害との関係から震度0~震度7までに定められます。
「マグニチュード」は震源地での地震そのものの大きさ(エネルギー)を表します。マグニチュードは、1個の地震に対して1個しかありません。
 参考ページ  「震度の歴史」
まずはお住まいの住宅の耐震性がどのぐらいあるのか知ることが大切です。
一般財団法人日本建築防災協会では、一般の木造住宅の所有者・居住者でも簡単に診断できる「誰でもできるわが家の耐震診断」を公開しています。
木造住宅の所有者等が容易に診断ができ、かつ耐震性に関する重要性をご理解戴くためのものです。
この耐震診断で耐震性に心配がある、あるいはより詳しく診断したい場合は、専門家による診断を実施することをお勧めします。
 参考サイト (一財)日本建築防災協会「自己診断コンテンツ【誰でもできるわが家の耐震診断】」
 参考サイト (一財)日本建築防災協会「パンフレット【誰でもできるわが家の耐震診断】」(PDF版)
 参考ページ  「家の地震対策チェック」
設計・施工会社のご紹介依頼はメールフォームやお電話、FAXにてお問い合わせください。
▶お問い合わせ TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
 メールフォーム  「資料請求・お問い合わせ」
改修用耐震壁・制振壁の中には、床・天井を壊さないで工事が出来る方法もあります。この方法でしたら引っ越しをせず住みながらでも工事可能です。
また工事会社や工事の規模にもよりますが、お部屋ごとに区切って工事を完成させていくことも可能です。
ご自宅の状況に合わせた工事が可能ですので、ぜひご相談ください。
▶お問い合わせ TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
 メールフォーム  「資料請求・お問い合わせ」
商品全般について
改修用か新築用か?壁の強さ、設置に適した場所など、木造住宅のどのような環境や条件でも設置出来るように種類を取り揃えております。
それぞれの違いの詳細は、参考ページ「耐震壁・制振壁の選び方」をご確認ください。
 参考ページ  「耐震壁・制振壁の選び方」
資料請求はメールフォームやお電話、FAXにてお問い合わせください。
▶お問い合わせ TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
 メールフォーム  「資料請求・お問い合わせ」
取り扱い(販売)店様により価格が決定されるので、弊社ではお応えしかねます。
ビルダー様は、営業または受注担当にご連絡の上確認して頂けますよう、よろしくお願いします。
 担当:関口・石井
新築用制振壁、改修用制振壁・耐震壁、あと施工アンカー金物の商品をご購入の場合、弊社が発行している登録が必要となります。
上記以外の商品(あと施工金物以外の補強金物など)をご購入する場合は登録の必要はなく、誰でもご購入できます。

あと施工金物以外の補強金物などのご購入方法は、オンラインショップやメール・お電話・FAXにて承ります。
▶お問い合わせ オンラインショップ   TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
 参考ページ  「発注について」(耐震補強金物)
≪商品の見積依頼について≫
メールフォームやお電話、FAXにてお問い合わせください。お見積りは無料です。
▶お問い合わせ TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533

≪出荷・納品について≫
「耐震補強金物」は平日15時までにご注文の場合、翌営業日出荷となります。
「改修用耐震壁・制振壁」は平日17時までにご注文の場合、翌々営業日出荷となります。
「新築用制振壁」は配置計画の設計を含みますので、ご注文日より1ヶ月を目安にして出荷となります。

 参考ページ
 「発注について」(耐震補強金物)
 「発注について」(改修用耐震壁・制振壁)
 「発注について」(新築用制振壁)
配送費は、配送地域・納品場所・ご注文の総重量によって異なります。詳細についてはお手数ですがお問い合わせください。
▶お問い合わせ TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
 メールフォーム  「資料請求・お問い合わせ」
新築用-共通の質問
新築用制振壁を正しく設計・施工を行なっていただく為に、採用の前には「新築設計会社登録」「新築施工会社登録」(無料)をお願いしております。
ただし、会社登録するにあたって下記の条件が必要になります。

 ≪新築設計会社登録の登録条件≫ 
・建設業許可 または 建築士事務所登録している企業様
・建築士の資格所有者
・新築用制振壁説明会を受講した企業様
 ≪新築施工会社登録の登録条件≫ 
・建設業許可 または 建築士事務所登録している企業様
・新築用制振壁説明会を受講した企業様

 参考ページ  「新築用制振壁の採用方法」
弊社では、地震計算サービス(シミュレーション)があり、制振壁のバランス良い配置をご提案することができるサービスがございます。ぜひご相談ください。
弊社商品の採用をご検討される方は無料にてご提案いたします。
「極端に小さい」基準は明確には設けておりませんが、ぜひご相談してください。
性能としては、建物面積が小さくなるほど耐震要素に対する制振要素の割合が大きくなるので、制振効果は大きく、より損傷の受けにくい建物となります。
可能です。
効果あります。平屋であっても地震力は加わりますので、制振壁を設置した方が耐震性の向上になり壁の損傷減少に繋がります。
設置した分の効果を発揮します。より性能を期待したい場合は、設置数を増やしてください。
耐力壁との併用はできません。
耐力壁と連続して設置したい場合は、ホールダウン金物など柱脚柱頭金物を制振パネルと干渉しない位置に取り付ける設計が出来れば設置可能です。
制振壁に断熱材等が追加できず断熱欠損になるため、外壁には設置できません。
一般的な耐力壁と同様です。
制振壁で1階の揺れを抑えることで、2階の揺れが小さくなります。2階の揺れを抑えることで、小屋(屋根)の揺れが小さくなります。
そのため、まずは1階設置をおすすめします。より性能を期待したい場合は、オプションにて2階にも追加で設置することをおすすめします。
設置不可とします。
ガーディアン・フォース/オレンジ、ガーディアン・フォース/ハイブリッド、延樹ブランチ、フェニックスツリーは軸組工法、グラバスターは枠組工法に対応します。
柱間での取付になります。
方杖タイプと仕口タイプ 様々なタイプの中でも方杖タイプ・仕口タイプになります。
地震の揺れに対してダンパーの動きが小さく、力も小さいため、住宅の揺れを抑える効果が小さいです。
問題ありません。さらに耐震性能が高くなります。
構造仕様と設置階が決定した時点で発注できます。ただし標準階高以外は横架材間距離を確認の上、発注をお願いします。
新築用-ガーディアン・フォース/オレンジ
ガーディアン・フォース/オレンジは(一財)日本建築防災協会で、住宅等防災技術評価を取得しております。
評価番号:DPA-住技-21C-3
 参考ページ  「新築用制振壁の評価取得・認定」
「日本建築防災協会の技術評価」は、エネルギー吸収力(減衰)など「制震」の特徴を技術評価している日本唯一の公的な技術評価です。一方、「国土交通大臣認定」は、当社壁パネルなど「耐力壁」の壁倍率を独自の仕様として国が認めるものです。
建物規模30坪程度で合計4壁を推奨しています。
正式名「イソプチレン系エストラマー」という高分子体です。ゴムよりもエネルギー吸収力が高い材料です。
室内間仕切壁へ設置した場合に溶けるような心配はありません。
粘弾性体は80℃の環境下で流動化する材料を使用していますので、施工中などに夏場の車中に放置するなどしないように注意してください。
粘弾性体は、熱老化促進試験結果より常温で100年経過後に剛性が5%程度向上、減衰性が10%程度低下し耐久性を確認しています。装置表面塗装は、溶融亜鉛メッキ+アクリル樹脂塗装で、室内環境で約100年の耐食性があります。
また点検は必要ありません。
パネルの厚みは28mmです。また粘弾性体の厚みは4.6mmです。
接着剤は使わず、溶着しています。現実的に剥がれる心配は有りません。
万が一建物が倒壊するレベルの大きな変形が生じた場合には剥がれる心配は有りますが、耐震等級3を確保する住宅ではそこまでは想定できません。
実験では、倒壊限界1/20radの繰り返し実験での変形で一部剥がれが見られる程度です。
制振壁は壁内に入る為、点検は出来ませんがメンテナンスは不要です。
大地震時に石膏ボードを張り替える程の被害を受けた場合、パネルに付いているスケールを目視して、交換が必要かどうか判断します。
保証については、製品の単品保証は引渡し後2年(確認済証交付から3年以内)です。
どのように配置したらよいか分からない場合は、都度ご相談ください。
1階の揺れを抑えることで、2階の揺れが小さくなります。2階の揺れを抑えることで、小屋(屋根)の揺れが小さくなります。
まずは1階設置をおすすめします。より性能を期待したい場合は、オプションにて2階にも追加で設置することをおすすめします。
耐力壁のバランスの良い建物ではどちらでも問題ありません。
地震時、建物にねじれが生じるような場合は外側に設置されている程、働きが大きくなります。
ダンパー製造上、必要な孔です。ビスを止めてしまうとダンパーの動きを拘束し可動できなくなります。
耐力壁と同様ですが、基礎・土台・柱・梁があるところが条件です。
新築用-ガーディアン・フォース/ハイブリッド
ガーディアン・フォース/ハイブリッドは国土交通大臣による壁倍率3.0倍の認定を取得しております。
認定番号:FRM-0489 FRM-0490
 参考ページ  「新築用制振壁の評価取得・認定」
「国土交通大臣認定」は、当社壁パネルなど「耐力壁」の壁倍率を独自の仕様として国が認めるものです。一方、「日本建築防災協会の技術評価」は、エネルギー吸収力(減衰)など「制震」の特徴を技術評価している日本唯一の公的な技術評価です。
建物規模30坪程度で合計4壁を推奨しています。
正式名「イソプチレン系エストラマー」という高分子体です。ゴムよりもエネルギー吸収力が高い材料です。
室内間仕切壁へ設置した場合に溶けるような心配はありません。
粘弾性体は80℃の環境下で流動化する材料を使用していますので、施工中などに夏場の車中に放置するなどしないように注意してください。
粘弾性体は、熱老化促進試験結果より常温で100年経過後に剛性が5%程度向上、減衰性が10%程度低下し耐久性を確認しています。装置表面塗装は、溶融亜鉛メッキ+アクリル樹脂塗装で、室内環境で約100年の耐食性があります。
また点検は必要ありません。
パネルの厚みは28mmです。また粘弾性体の厚みは4.6mmです。
接着剤は使わず、溶着しています。現実的に剥がれる心配は有りません。
万が一建物が倒壊するレベルの大きな変形が生じた場合には剥がれる心配は有りますが、耐震等級3を確保する住宅ではそこまでは想定できません。
実験では、倒壊限界1/20radの繰り返し実験での変形で一部剥がれが見られる程度です。
制振壁は壁内に入る為、点検は出来ませんがメンテナンスは不要です。
大地震時に石膏ボードを張り替える程の被害を受けた場合、パネルに付いているスケールを目視して、交換が必要かどうか判断します。
保証については、製品の単品保証は引渡し後2年(確認済証交付から3年以内)です。
どのように配置したらよいか分からない場合は、都度ご相談ください。
1階の揺れを抑えることで、2階の揺れが小さくなります。2階の揺れを抑えることで、小屋(屋根)の揺れが小さくなります。
まずは1階設置をおすすめします。より性能を期待したい場合は、オプションにて2階にも追加で設置することをおすすめします。
耐力壁のバランスの良い建物ではどちらでも問題ありません。
地震時、建物にねじれが生じるような場合は外側に設置されている程、働きが大きくなります。
ダンパー製造上、必要な孔です。ビスを止めてしまうとダンパーの動きを拘束し可動できなくなります。
耐力壁と同様ですが、基礎・土台・柱・梁があるところが条件です。
新築用-延樹・ブランチ
延樹・ブランチは国土交通大臣による壁倍率5.0倍の認定を取得しております。
認定番号:FRM-0437-2 FRM-0438-2
 参考ページ  「新築用制振壁の評価取得・認定」
どのように配置したらよいか分からない場合は、都度ご相談ください。
耐力壁のバランスの良い建物ではどちらでも問題ありません。
地震時、建物にねじれが生じるような場合は外側に設置されている程、働きが大きくなります。
新築用-延樹・ベリー
どのように配置したらよいか分からない場合は、都度ご相談ください。
耐力壁のバランスの良い建物ではどちらでも問題ありません。
地震時、建物にねじれが生じるような場合は外側に設置されている程、働きが大きくなります。
新築用-フェニックスツリー
どのように配置したらよいか分からない場合は、都度ご相談ください。
耐力壁のバランスの良い建物ではどちらでも問題ありません。
地震時、建物にねじれが生じるような場合は外側に設置されている程、働きが大きくなります。
新築用-グラバスター
どのように配置したらよいか分からない場合は、都度ご相談ください。
耐力壁のバランスの良い建物ではどちらでも問題ありません。
地震時、建物にねじれが生じるような場合は外側に設置されている程、働きが大きくなります。
改修用-共通の質問
一般財団法人 日本建築防災協会の認定を取得していますので、補助金のご利用が出来ます。
ガーディアン・ウォール…評価番号:DPA-住技-21A-3
ガーディアン・シールド…評価番号:DPA-住技-21B-2
ガーディアン・フォース…評価番号:DPA-住技-21C-3
ガーディアン・クール …評価番号:DPA-住技-55-1
なお、補助金の詳細については各自治体にご確認ください。
 参考ページ  「評価取得・認定・表彰等」
まず、耐震診断を専門家にしてもらう前に、市区町村の窓口に相談する必要があります。ただし助成金の対象となる住宅を制限している(例えば昭和56年以前に建築されている等)場合が多いので注意が必要です。
もしリフォーム会社・工務店・設計事務所などと打合せが進んでいる場合は、工事に入る前に確認してください。
まず、要望をしっかり伝えましょう(窓を残したい、室内はいじらないでほしい等)。そして、補強の内容・見積はしっかり説明してもらい、納得がいくまで打合せしましょう。
また、できれば耐震設計を依頼した建築士に工事監理をしてもらいましょう。設計図上では耐震性が確保されていても、実際の工事が設計どおりに行われていなければ、家は安全になりません。工事監理費用が追加になる場合がありますが、プロの眼でチェックしてもらえるので安心です。
下記の資格者がいる設計事務所・リフォーム会社・ハウスメーカー・工務店等にご相談ください。
■設計者条件
 ・ガーディアン工法説明会の受講者
 ・建築士の資格所有者
 ・(一財)日本建築防災協会が開催する「木造耐震診断資格者講習会」または「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づいた講習会の受講者
■施工者条件
 ・ガーディアン工法説明会の受講者

また、設計・施工会社のご紹介も受け付けております。
 メールフォーム  「資料請求・お問い合わせ」
 TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
木造住宅の耐震診断法は一般財団法人 日本建築防災協会が発行している 2012年改訂版「木造住宅の耐震診断と補強方法」に定められています。
木造戸建て住宅の建築基準法は2000年5月に改正されたため、それ以前の住宅であれば、まず耐震診断されることをお薦めします。
改修用耐震壁・制振壁を正しく設計・施工を行なっていただく為に、採用の前には「改修設計会社登録」「改修施工会社登録」(無料)をお願いしております。
ただし、会社登録するにあたって下記の条件が必要になります。

 ≪改修設計会社登録の登録条件≫ 
・ガーディアン工法説明会の受講者
・建築士の資格所有者
・(一財)日本建築防災協会が開催する「木造耐震診断資格者講習会」または「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づいた講習会の受講者
 ≪改修施工会社登録の登録条件≫ 
・ガーディアン工法説明会の受講者

 参考ページ  「改修用制振壁・耐震壁の採用方法」
改修用-ガーディアン・ウォール
ガーディアン・ウォールの柱頭柱脚金物の耐力一覧は下記のようになります。
仕様柱頭金物柱脚金物
金物名短期引張耐力金物名短期引張耐力
床天井開口仕様ホールダウンボルダ2020kNエルダ1515kN
全面仕様エルダ1515kNエルダ1515kN
長押仕様ホールダウンボルダ2020kNエルダ1515kN
横架材間距離が低い場合でもGWパネルは3枚使用します。
中間のパネルが300mm以上、上下のパネルは450mmを下限に均等になるようサイズ調整をして設置してください。
建具枠仕様の入隅縦桟がございますので、そちらをご利用ください。
455mmの幅で施工可能なセットがございます。通常のガーディアン・ウォールと組み合わせることで4.5尺の補強が可能です。
予備ビスセットを金物と一緒にお送りしています。四角穴がつぶれてしまった場合はそちらをご利用ください。
改修用-ガーディアン・フォース/レッド
納まりがクリアすれば構造上の併用は可能です。
木造補強の耐震実務59ページをご参照ください。
耐震補強金物
耐震補強金物のご購入に関して
1.あと施工アンカー登録が必要(スタンドコーナー ボス、ルーツアンカー、ホールダウン ボルダ20凸、ホールダウン ボルダ30凸)
2.登録なしで購入可能(上記以外の金物)
と2種類の金物があります。

「1」の金物をご希望の場合、あと施工アンカー登録が必要です。登録条件である「建築士」「建設業許可又は建築士事務所登録」を満たされていれば登録可能です。
 参考ページ  「あと施工アンカーの採用方法」

「2」の金物をご希望の場合、オンラインショップ、お見積り依頼フォーム、お電話、FAXにてお問い合わせください。
 オンラインショップ  (初めてのお客様は、オンラインショップ内の「新規会員登録」が必要になります。)
 メールフォーム  「お見積り依頼」
▶お問い合わせ TEL:048-999-1555 FAX:048-999-1533
 耐震改修(既存の建物)では「耐震改修促進法」という法律で、あと施工アンカー金物にケミカルアンカーを使うことが認められています。
 一方、新築では建築基準法37条で基礎や主要構造部(構造上重要な壁・柱・床・梁・屋根・階段)に使用する「建築材料」は「国土交通大臣が定めるもの」を使用しなければならない(指定建築材料)とあります。
 ケミカルアンカーは原則としてこの指定建築材料に含まれていない為、新築で使用する事は定められておりません。

 但し、建物を建築している地域を管轄している建築主事等によって判断が異なることもございますので、管轄行政庁にご相談ください。

 [参考資料など]
・ARケミカルセッター国土交通大臣指定書 PDF
・接合部金物試験報告書(スタンドコーナーボス25) PDF
・接合部金物試験報告書(ホールダウンボルダ30凸) PDF
・あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針 PDF
・あと施工アンカー、炭素繊維、アラミド繊維等に関する許容応力度及び材料強度の指定について PDF
・「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」について PDF
・国土交通省:「あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針」について HP
ガーディアン工法では、柱頭の耐力が上の階の柱脚の耐力以上であれば柱脚と揃えなくても良いというルールがあります。そのため1階の柱脚の耐力が25kNであっても、2階の柱脚の耐力が10kNであれば、1階の柱頭の耐力は10kNで良いという事になります。
※ガーディアン工法の場合に限ります。
L=450㎜のロングビットホルダーの他にL=300のロングビットホルダーも販売しております。そちらを使用して頂くと長押にあたらずに施工する事ができます。
→ 5611 ロングビットホルダー全長300㎜
梁下が汚れているとテープが付きにくくなるので、汚れを取ってから施工するように指導してください。(マニュアルにも記載してます。)
鉄筋に当たっても、鉄筋は切らないでください。
鉄筋にドリルが当たったらすぐにドリルの刃を細いものにすると鉄筋を避けて穴があけられます。鉄筋を避けて先穴をあけて、元のドリルが入っていくようになります。


その他のご質問・お問い合わせはこちら
電話番号:048-999-1555(平日9:00から17:30)
FAX番号:048-999-1533
担当:関口・石井

↑TOP